部分矯正にかかる費用

部分矯正を行う場合に行う治療は、具体的に検査、診察、矯正、ワイヤー調節などがあります。治療の工程ごとに費用がかかり、基本的には支払いが分割されます。相場としては、部分矯正をするにあたっての検査量、診断料がおよそ3万円から5万円ほど、矯正装置などを取りつける基本料がおよそ30万円から55万円ほど、矯正装置のメンテナンスなどをする際に行うワイヤー調節量が1回につきおよそ3000円から5000円ほどかかります。


また、矯正の種類によっても相場は変動します。
一人一人の歯の状態に合わせて治療方法が決められていきます。

気になる前歯だけ矯正についての総合情報ポータルサイトです。

前歯の凹凸が激しい場合にはブラケットによる治療が有効的です。

軽度の凹凸やすきっ歯の場合にはマウスピースによる治療が有効的で、マウスピースによる矯正の方が比較的高価になる傾向にあります。

歯が動くたびにいくつもマウスピースを作り変えなければいけないためです。

ガジェット通信の情報をお知らせします。

ブラケットの装置費用は、前歯二本まででおよそ2万円からで、プラス調節料などがかかります。

マウスピースの場合は片顎で3万円からで追加装置料がかかり、その他調節料がかかります。
部分矯正をよりお得な費用で行うためには、医療費控除について知っておくと良いでしょう。


部分矯正には医療控除が適用される場合があります。



一年に10万円以上医療費がかかった場合に対象となります。

医療費控除を行うには確定申告での申請が必要ですので、会計時のレシートや領収書を捨てずにきちんと保管しておきましょう。